観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

壱岐島最北端、辰ノ島観光船乗り場・観光案内所「ヒヨリミテラス」が一新 地元グルメ味わえるカフェも登場/長崎

21/08/11

長崎県壱岐市の勝本漁業協同組合は8月2日、壱岐島最北端にある辰ノ島観光船乗り場かつ観光案内所の「ヒヨリミテラス」をリニューアルオープンした。ここだけのメニューが味わえるカフェを併設した複合施設となり、壱岐観光の新しい魅力として期待を集めている。

「ヒヨリミテラス」は、勝本で明治末に始まった「日和見制」から名付けられた。地元では風が強い時などに漁に出るかを相談するために港に立てた黄色の旗のもとに集まることを「日和見」と呼ぶ。壱岐島内で活動するLIGHTHOUSE設計が設計と建築を担当し、外壁にはイラストレーターのモッツ氏がデザインした勝本で獲れる魚介類が描かれている。

カフェでは、勝本名物のイカをふんだんに使用したイカバーガーや壱岐のクラフトビール、コーヒーなどを提供。渡船や遊覧船の待ち時間も楽しくゆっくりと過ごせる。

ヒヨリミテラス

ヒヨリミバーガーに舌鼓

ウェブサイトも新しくオープン。http://www.hiyorimiterrace.com/で詳しく。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ