観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

日本一の夕陽に「いいね」 堂ヶ島ニュー銀水、SNSで投稿CP/静岡

静岡県西伊豆町の堂ヶ島ニュー銀水は来年3月末まで、堂ヶ島エリアで撮影した夕陽をSNSに投稿してもらうフォトキャンペーンを実施している。夕陽と語らいの宿ネットワークに加盟している同館と、西伊豆町の日本一ともうたわれる夕陽の魅力を「いいね」ボタンで全国に拡散したい考えだ。

同町は「日本の夕陽百選」にも選ばれ、2005年には「夕陽日本一宣言」も敢行。夕陽のまちとしてPRしている。なかでも堂ヶ島の夕陽は評価が高く、夕陽のベストシーズンである10月中旬から3月上旬をキャンペーン期間に定めた。

キャンペーンでは「夕陽いいね」をテーマに西伊豆・堂ヶ島エリアで撮影した写真をインスタグラムかツイッターで投稿して応募。先着600人に「オリジナル手ぬぐい」を同館フロントでプレゼント、期間終了後には抽選で5組に同館のペア宿泊券が当たる。

同館からも美しい眺望が楽しめ、期間中は夕陽を眺めながらの「サンセットワインサービス」も実施している。

堂ヶ島ニュー銀水

ニュー銀水ロビーから
水平線に沈みゆく夕陽を眺める

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ