観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

色鮮やかに山が色づく 阿智村で5月6日まで「花桃まつり」/長野

長野県阿智村では春の風物詩「花桃」がいよいよ満開に。月川温泉郷「花桃の里」では4月18日―5月6日、「花桃まつり」が開かれ、山間の温泉地に春を伝える。

阿智村は長野県南端に位置する緑豊かな地。昼神温泉郷と並び、近年は「日本一の星空ツアー」で知られる。「花桃の里」も村の代名詞とひとつで、同まつりは熊谷秀樹・阿智村長が実行委員長を務める実行委員会の主催で、春の一大イベントとして開かれる。

阿智村の花桃は4月中旬―5月中旬が見ごろ。約1万本の花桃が赤、白、ピンク色の花を咲かせる。

会場の「花桃の里」では標高750―1千メートル、約4キロにわたって約5千本の花桃が咲く。期間中は花桃の苗や地元で獲れた農産物、加工品などが販売される。

花桃まつり

色鮮やかな花桃が見ごろに

時間は8―16時。駐車場料金は普通車500円、マイクロバス2500円、大型バス4千円。マイクロバスと大型バスは予約制。

期間中は花桃の里昼神温泉を結ぶシャトルバスが運行される。料金は往復・片道ともに1千円。前日までに宿泊する旅館フロントか阿智☆昼神観光局 電話0265―43-3001へ予約が必要。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ