観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

ジブリの「過去から未来」楽しむ 愛知県と中日新聞社が名古屋で7月22日から展覧会/愛知

愛知県と中日新聞社は7月22日―9月3日、名古屋市東区の愛知県美術館ギャラリーで展覧会「ジブリの“大じゃない”博覧会」を開く。ジブリ作品の「過去から未来」に触れられる展示で、コロナ禍の暗いムードが漂う夏に楽しいひと時を提供する。

同展では、2022年秋に長久手市の愛・地球博記念公園に開業を予定している「ジブリパーク」の建築模型やスケッチなどを紹介。加えて、今年冬にNHKで放送が予定される長編アニメ「アーヤと魔女」の未公開資料など、最新の展示に注目が集まる。

また、東京都三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館から「ネコバス」がやってくるのも話題。「天空の城ラピュタ」「紅の豚」「ハウルの動く城」「かぐや姫の物語」といった作品の名場面を背景に記念写真が撮影できるコーナー、「千と千尋の神隠し」コーナーでのおみくじなど、大人も子どもも楽しめるコーナーを設ける。

新型コロナウイルス感染対策も検温や消毒など徹底。入場は三密回避のため日時指定入場制を導入する。入場時間を30分ごと、金曜日夜間は1時間ごととし、各時間枠の販売枚数に上限を設定する。事前購入制でローソンチケットで販売する。観覧料は一般平日1400円、土日祝日1500円。

開催時間は10―18時で、金曜は20時まで。月曜休。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ