観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

阿智村「日本一の星空ナイトツアー」が10周年 今シーズンは4月17日からスタート/長野

長野県阿智村といえば、満天の星空。その星空を堪能する「天空の楽園・日本一の星空ナイトツアー」が今年10周年を迎え、4月17日から今シーズンをスタートする。闇夜の高原から無数の星々の輝きを楽しむこの地だけの夜の楽しみ。2022年3月26日まで、来訪客に感動を届ける。

日本一のゆえんは、同村が2006年度、環境省の全国星空継続観察で「星が最も輝いて見える場所」の第1位に選定されたこと。これを機に地元を挙げて「星の村」をブランド化。ナイトツアーはその核となる企画で12年にスタート以降、人気も定着してきた。

阿智村星空

阿智村が誇る「日本一の星空」

ツアーでは標高1400メートルの富士見台高原・ヘブンスそのはら「天空の楽園」へゴンドラで向かい、山頂から星空を観察。まるで降ってくるような無数の星々は神秘的だ。

10周年特別イベントは7月31日から10月にかけて土日曜を中心に実施する。設備や音楽、叡王、ゲームなどイベントも設定して節目を盛り上げる計画だ。

料金は大人・高校生が2千円から、小中学生が1千円から。期間中、5月23日―7月9日など除外期間を設定している。

チケットはオンラインチケットを2週間前から発売。同ツアー公式の地元旅館ホテル宿泊の場合は2週間前に限らず予約できる。

詳しくはhttp://sva.jp/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ