観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

アロハを着て環境保全を考える ハワイ州観光局、5月14日までSNSキャンペーン/米

米・ハワイ州観光局は5月14日まで、オリジナルアロハシャツが当たるSNSキャンペーン「WEAR ALOHA, SAVE ALOHA.」を実施している。公式SNSへの写真の投稿を呼びかけ、アロハシャツを通じてハワイの環境保全について考えてもらう。

「WEAR ALOHA, SAVE ALOHA.」プロジェクトはハワイの環境問題、ハワイの人々の自然への想いや環境保全への活動について、アロハシャツを通じて身近に感じてもらおうというもの。同観光局が展開している「マラマハワイ―地球にやさしい旅を」キャンペーンの一環で実施している。

キャンペーンへの参加は、同観光局のTwitter、Instagram、Facebookの公式アカウントをフォローしてから。Twitterは投稿をリツイート、InstagramとFacebookはアロハシャツやムウムウを着てシャカサインをしている写真にハワイ州観光局をタグ付けし、ハッシュタグ 「#wearalohasavealoha」「#マラマハワイ」 をつけて、「ハワイへの想い」を沿えて投稿して応募する。

参加者のなかから、セレクトショップBEAMSとコラボレーションし、ハワイ在住アーティストがデザインした絵柄のアロハシャツを合計で30人にプレゼントする。

ハワイ州観光局

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ