観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

真庭が提案する新しいサイクルツーリズム「散走」 秋は収穫体験の3コース/岡山

18/08/27

岡山県真庭市・真庭観光連盟は、蒜山高原など恵まれた自然環境を生かしたサイクリングツーリズムを勧めている。

といっても真庭市が提案するのは、ただ自転車で走ることが目的じゃない。自転車に乗り、散歩するように景色や食などを楽しむ「散走」を提案しているのだ。

真庭散走

雄大な自然を「散走」でじっくり楽しむ

秋にはサイクリングと旬の果物の収穫体験などを組み合わせた「散走」企画を設定。9月17日は梨の産地・同市久世地区での梨狩り、同24日は蒜山高原を走り山ぶどう農場での収穫とバーベキュー体験、10月6、13日は同市北房地区でブドウ狩りと田園サイクリングと3コースを用意した。

料金はいずれも3500円。ガイド料や自転車レンタル料、昼食代、傷害保険も含まれており、気軽に参加できる。

申し込みは催行日の5日前まで。ウェブのフォーム(http://cms.top-page.jp/p/maniwa/1/sansou-summer/)から申し込む。

詳しくは同連盟 電話0867―45―7111か、同連盟サイト(http://www.e-maniwa.net/)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ