観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

信玄生誕500年控え歴史観光イベント 甲府市、11月3日からスタンプラリーや周遊プラン/山梨

20/10/31

山梨県甲府市は11月3日から、地元ゆかりの戦国武将、武田信玄の生誕500年を来年に迎えるのを前に、歴史観光企画をスタートさせる。スタンプラリーや周遊プランなどで甲府の歴史と魅力を楽しんでもらう。

人気ゲーム「戦国BASARA」とコラボした「信玄公ゆかりの地」スタンプラリーは来年2月末まで開催。甲府市のほか富士吉田市、山梨市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、笛吹市、甲州市、小田原市、上越市、長野市、上田市、静岡市、浜松市まで広域にわたる信玄ゆかりの地が対象エリアを訪ね、スタンプを集めると、オリジナルグッズがもらえる。アンケートに回答する抽選で賞品も。ラリーは紙の台紙を使ったバージョンと、モバイルバージョンの2種を用意。

甲府の信玄公像

甲府の信玄公像

甲府市、笛吹市、甲州市、山梨市の観光スポットをガイドの案内でめぐる「四市周遊バス」は、1日1500円で乗り放題。「コンセプト観光タクシー」は「信玄公ゆかりの地をめぐる旅」「やまなし甲府観光満喫の旅」とテーマに応じた旅を2時間、4時間のコースでめぐる。料金は2時間コース3500円など。バス、タクシーともに来年1月末まで。

甲府駅北口のペデストリアンデッキでは12月20日―来年1月末に「信玄公生誕500年特別企画展」を開催。信玄の功績やゆかりの地にまつわる展示を行う。

詳しくは甲府市公式観光サイト「甲府観光ナビ」(https://kofu-tourism.com/)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ