観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

奥日光の紅葉を求めて 東武鉄道と東武トップツアーズ、10月に「日光紅葉夜行」を運転/栃木

21/09/08

東武鉄道と東武トップツアーズは10月中の6日間、浅草駅―東武日光駅まで臨時夜行列車「日光紅葉夜行」を運転する。秋の日光への混雑を深夜の移動で回避。早朝から奥日光の旬の紅葉を楽しんでもらう。

運転日は9、16、22、23、29、30日。「ゆったり2座席利用プラン」を用意し、車両はWi-Fiもコンセントも備えた特急リバティでの運行となる。

浅草駅を23時55分に出発。北千住駅、春日部駅からも乗車できる。東武日光駅には2時16分に到着し、4時ごろまでは車内で仮眠も可能。東武日光駅からは専用バスで中禅寺湖や竜頭の滝、戦場ヶ原、湯元温泉などを周遊でき、紅葉を満喫できる。

奥日光の紅葉

奥日光の紅葉美

定員は各225人。往路片道プランは浅草駅発、日光自然博物館入館券付きで大人6400円、往復プランは同8400円など。多彩なプランを設定している。

9月9日から各出発週の金曜日17時まで、東武トップツアーズ各支店か東武トップツアーズWEB販売センターで発売する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ