観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

紅葉ライトアップで熊本を感じる 肥後細川庭園で12月3日まで「ひごあかり」/東京

23/12/01

肥後熊本藩細川家の下屋敷跡「肥後細川庭園」(東京都文京区)では12月3日まで、紅葉のライトアップイベント「ひごあかり」が開かれている。庭園の歴史性や熊本県との縁を背景に、池泉回遊式庭園の秋の美を演出。東京にいながら熊本の秋の魅力を感じてもらう。

熊本県と熊本市は東京都文京区、新宿区と「文化と歴史を縁とする包括連携に関する覚書」を締結。細川家や夏目漱石、小泉八雲などの共通する文化をゆかりに連携を図っており、今回もその一環。

池泉回遊式庭園の紅葉をライトアップし、散策が楽しめるほか、竹に穴を開けてあかりを灯す演出「竹あかり」も展示。熊本を拠点に、全国各地で竹あかりをプロデュースしているユニット「CHIKAKEN」によるオブジェは見どころ。熊本県からは「くまモン」のロゴマークをモチーフにした竹あかりオブジェが展示されている。

肥後細川庭園

庭園の紅葉をライトアップ

12月2日にはボランティアガイドツアー、12月3日までは「肥後六花」呈茶サービス、熊本県観光展示「日本マラソンの父 金栗四三の遺品展示」などの企画も。

点灯時間は17時30分―20時30分。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ