観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

5年ぶりに民踊パレードとみこし・山車パレードが復活! 7月19・20日に「福生七夕まつり」/東京

24/07/10

東京都福生市では7月19、20日、恒例の「第74回福生七夕まつり」が開かれる。コロナ禍からの再開に続く今年は5年ぶりに民踊パレードとみこし・山車パレードが復活。本格的にいつもの福生の七夕が帰ってくる。

同まつりは昨年約53万人が来場した西多摩地域を代表するイベント。商店街の各店舗らが工夫を凝らした色とりどりの竹飾りを飾り、街中が七夕一色に。米軍横田基地が隣接していることからアメリカンなイベントや装飾も同まつりの特徴だ。

福生七夕まつり

色とりどりの竹飾り

民踊パレードは市内の日本語学校の学生が民族衣装を着て参加するなど福生から世界に活気を与える内容。市内団体や子どもら約800人が参加する圧巻の光景が広がる。さらにみこし・山車によるパレードも。

19日は、福生市役所丘の広場特設ステージでオープニングセレモニー。みこし・山車パレードが市役所前の大通りを練り歩き、民踊パレードへと続く。20日は恒例の「七夕織姫コンテスト」と、コンテスト受賞者が人力車に乗って練り歩く「星のパレード」。21日は、ものまね芸人によるステージ。スポーツ感覚でごみ拾いを行う「スポGOMI大会」、スマホスタンプラリー、模擬店やケータリングカーの出店などもあり、連日賑わう。

詳しくはhttps://www.fussa-tanabata.com/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ