観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

みなとまち新潟市を彩る「光の響演」 9月15―18日に開催

新潟市で9月15―18日の4日間、プロジェクションマッピングなど光と映像の演出でみなとまちをきらびやかに彩る「みなと新潟『光の響演2017』」が開かれる。

同イベントは、みなとまち、文化創造都市としての新潟市の魅力を発信し、交流人口の拡大やクリエイティブ産業の活性化、人材育成などにつなげることを目的に、市などでつくる実行委員会が企画。新潟市歴史博物館みなとぴあ、信濃川左岸緑地(みなと・さがん)を会場に、光のエンターテインメントと音楽、踊り、地域文化のステージイベントで新潟の夜に賑やかさを創出する。

みなとぴあ会場では、プロジェクションマッピングを展開。みなとぴあの形状に重ねて映像を映し出し、様々な立体的演出効果を披露する。また、光や映像と音楽・踊りのコラボレーションステージや、描いた絵が映像として動き出す「紙アプリ」体験も。時間は基本的に期間中の18時30分―21時。

新潟光の響演

昨年のプロジェクションマッピング

みなと・さがん会場では、光のモニュメントやサーチライトなどでライトアップ。期間中の18―21時。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ