観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

過疎のまちをアートで活性化 菊池で11月23―26日にフェス/熊本

17/11/21

熊本県菊池市で11月23―26日、「菊池アートフェスティバルvol.2」が開かれる。地元住民とアーティストが一体となり、アートによるまちづくりを展開。過疎化に悩むまちにアートによる新風を吹き込み、賑わいを創出する。

主催は、地元市民でつくる菊池アートフェスティバル実行委員会。菊池市を「アートの里」としてアピールしようと開くもので、若手アーティストを支援する団体「熊本アートオーガニゼーション」と連携してフェスを実施する。2016年は4日間の開催で全国からのべ約1万人が来場した。

メーン会場は市内龍門地区にある旧龍門小学校。同地区は市内山間部に位置し過疎化が進行していることから、市は同地区を地域再興のモデル地区として指定。13年3月に閉校した同小学校を地域おこし協力隊の拠点や様々なイベントの会場などに活用している。

フェスでは、同小学校や竜門ダム芝生広場・ロンロン館に東京や海外で活躍するアーティスト約100人ほか、市内の中学・高校生も作品を展示。彫刻から日本画、インスタレーション、ブラックシアター、空中映像、障がい者のよるアートなど多彩な現代アート作品が並ぶ。

菊池アートフェスティバル

小学校に多くの来場者

また、23、25日はアーティスト14組がパフォーマンスを披露。26日は居合演武やアーティストのトークショーも開催する。

そのほか、4日間でのべ200店舗が出店するマルシェや、アートのワークショップなどで楽しみを増幅させる。

時間は各日とも10―17時。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ