観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

北信州の風土を体感 中野市が1月に農業体験ツアー/長野

長野県中野市は2021年1月30日、1泊2日で地域の風土を体感する「北信州の魅力を満喫する農業体験ツアー」を実施する。1月6日まで参加者を募集している。

ツアーはJR飯山駅集合・解散。1日目は中野市豊田農産物加工施設利用組合で中野市産のりんごを使ったアップルパイづくりと、信州名物のおやきづくりを体験するほか、地獄谷野猿公苑の冬の風物詩「スノーモンキー」を見学する。宿泊はよませ温泉 「ホテルセラン」。露天風呂や地元の食で心身を癒す。

2日目は、きのこ栽培施設で日本一の生産量を誇るエノキタケやエリンギなどを収穫体験。日本土人形資料館で土人形の絵付け体験な、信州中野いきいき館での買い物などを楽しむ。

旅行代金は1万9200円だが、Go Toトラベル支援対象のため支払実額は大人1万2480円、小学生8710円。地域共通クーポン大人3千円分、小学生2千円分がつく。

申し込みは「地旅」サイト(https://jitabi.ne.jp/products/detail.php?product_id=1502)から。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ