観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

コロナの今と収束後にできること 壱岐イルカパーク&リゾートの取り組み/長崎

20/04/28

長崎県壱岐市の「壱岐イルカパーク&リゾート」は4月25日、リニューアルから1周年を迎えた。現在は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で5月6日まで休園中でこの節目を祝えないが、これを機会にコロナの今とコロナ収束後を見据えた新サービスを発信していく。

同パークを運営するIKI PARK MANAGEMENが企画。コロナ流行中は壱岐の魅力を発信、コロナ収束後はコロナを意識しながらも自然を学び楽しめ、仕事もできる島の環境づくりに取り組む。

まずは自宅で壱岐を楽しめる企画。壱岐の食材を全国に直送・販売する「壱岐イルカ商店」、インスタグラムで同パークのイルカとのふれあいを感じられる「おうちでイルカ」がそれ。

壱岐市内での活動もコロナ感染に最大限気を配る。「ポップアップ・キャンピング・カフェ」は市内各所で実施。キャンプ用品メーカー「スノーピーク」の機材がそろった空間はソーシャル・ディスタンスに十分配慮。カフェメニューはテイクアウトで。

同パークの営業再開後は、 壱岐の食材を使ったランチパックをはじめテイクアウトサービスも始める。

また、今年度は同パークでイルカとの共存を深めるために医療や研究機関としての体制を整備。壱岐アイランド・リトリートのゲストハウス運営や体験の充実なども図る。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ