観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

作者出身「進撃の巨人」“聖地”をめぐる 日田市観光協会、5月1―5日にシャトルバスツアー/大分

21/04/30

大分県日田市は、このほど最終回を向けた人気漫画「進撃の巨人」の作者・諫山創さんの出身地。市では作品のファンが集う“聖地”にしようと取り組みを進めている。5月1―5日には日田市観光協会が市や関連企業などと連携して「進撃の巨人」ゆかりの地をめぐるシャトルバスツアーを実施。関連スポットをめぐり、作品の世界観に思いを馳せよう。

ツアーは9時、13時の1日2回で、日田駅発着発。3月に完成した駅前の「リヴァイ兵士長の銅像」付近からスタートし、「進撃の巨人」がテーマのミュージアムと銅像を訪れる。

3月に道の駅水辺の郷おおやまにオープンした「進撃の巨人in HITAミュージアム」は諫山創さんの机や原画など貴重な資料を展示。大山ダムには昨年10月、作品の主要人物「エレン・ミカサ・アルミン」の少年期の銅像が建立された。いずれもファン垂涎のスポットとして注目を集めている。

進撃の巨人ゆかりの地日田

日田市内の「進撃の巨人」ゆかりの地

旅行代金は1人5900円だが、大分県の県民向け旅行割引事業「新しいおおいた旅割」を使えば3400円。定員は各回20人。日田市観光案内所で販売している「進撃の日田コラボ商品」引き換えクーポンがつく。

問い合わせ・申し込みは同協会 電話0973―22―2036へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ