観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

光秀ゆかりの北近畿をラッピング特急が走る JR西日本、8月8日から

JR西日本は8月8日、北近畿エリアを走る特急列車に今年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀にまつわる絵柄を描いたラッピング列車を投入する。

北近畿は、光秀が治めた丹波をはじめ、ゆかりの地が点在する。福知山城や黒井城など、光秀にまつわる歴史をたどる旅へといざなう。

対象となる特急は、新大阪―城崎温泉の「こうのとり」、京都―城崎温泉の「きのさき」、京都―天橋立の「はしだて」。8月8日の福知山9時50分発の「こうのとり」10号から運行を始める。

ラッピングは金屏風をイメージした背景に、光秀や福知山城、御霊神社、明智藪といった福知山市内のゆかりの地や、お牧の方、細川ガラシャ、細川幽斎、細川忠興といった光秀をとりまく人物などが描かれる。

期間は2021年10月末ごろまでを予定している。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ