観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

御嶽山、復活へ 7月1日、登山道山頂まで開通/長野

御嶽山の登山シーズンが、いよいよスタートする。2014年9月の噴火以降、安全対策を徹底して推進し、着実に登山・観光復活に歩みを進めてきた。黒沢口登山道・ニノ池上分岐から頂上へと続く登山道が7月1日から通行可能に。今年の夏こそ、木曽の地にそびえる霊峰へ―。

御嶽山は長野県と岐阜県の県境にあり、噴火以降は、地元一体となって復興を進めてきた。安全対策はハード、ソフト両面に及び、“日本一安全対策が進む山”を目指した取り組みで、ようやく登山復活にこぎつけた。

災害対策としては、山小屋「ニノ池山荘」の設備を強化。噴火以前から宿泊や緊急避難所として使われてきたが、これに利便性と快適性を備えた形で復活させた。屋根や一部の外壁に飛散物の衝撃を和らげるケブラーアラミド繊維を用いるなど防護性も高めた。そのほか、石室山荘も同様に補強、御岳剣ヶ峰山荘も解体後は跡地に避難施設を建設する予定だ。

さらに、噴火時に身を守る避難シェルターを旧御嶽山荘跡地に設置。安全パトロール隊の活動も進めるなど、安全対策は以前に比べ格段に強化された。
木曽町など山麓各地域では、噴火後、観光の低迷に悩まされてきたが、いよいよ復活の時が近づいてきた。登山、開田高原、木曽馬の里などさまざまな観光素材も一層の輝きをみせそうだ。

御嶽山

霊峰・御嶽山が登山者を待っている

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ