観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

「非日常」を体感 休暇村リトリート安曇野ホテル、4月22日にオープン/長野

長野県安曇野市に4月22日、「休暇村リトリート安曇野ホテル」がオープンする。日常と離れた空間で過ごし心機一転を図る―。そんなテーマに即した館内環境を整え、「非日常」を体感できる、休暇村として新しいスタイルのホテルが誕生する。

北アルプスの裾野で田園風景とアートのムードが癒しを提供する安曇野のまちに立地。アートのまち安曇野に触れる「よりみちサロン」や、屋外で寛ぐ「星見暖炉」「陽だまりデッキ」などを設け、安曇野の空気感を楽しんでもらう。

休暇村リトリート安曇野ホテル

星見暖炉

客室は30室。スタンダードルーム4室、スタンダードフロアワイドルーム14室、スタンダードフロアワイドルーム4室のほか、プレミアムルームは3パターン計8室を設けるなど多彩なスタイルで様々な利用シーンに応える。

夕朝食は「安曇野ダイニング」で地元の食材をライブキッチンでの演出とともに。浴場には安曇野穂高温泉郷・中房渓谷の源泉から引湯し、大浴場と露天風呂で疲れを癒せる。

宿泊料金はスタンダードが1万4千円から、プレミアムルームが1万7千円から。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ