観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

ボンネットバスで飛騨高山の里山巡りへ 濃飛乗合自動車がツアーを開始/岐阜

濃飛乗合自動車株式会社(岐阜県高山市)は7月1日から、「飛騨高山の里山巡りツアー」を始めた。ボンネットバスに乗って里山を周遊。古き良き日本を感じられる懐かしいひと時を提供する。

観光庁「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」の一環で、観光客や地元住民に地元の魅力を再発見してもらうことを目的に実証運行。高山濃飛バスセンターを発着地に、昭和42年製造のボンネットバスに乗車。高山市内の里山を約1時間30分でめぐる。

濃飛乗合自動車

懐かしのボンネットバスで

7月10日までは八軒町、漆垣内町、西之一色町方面、7月22―31日は国府町方面、8月19日―28日は丹生川町方面、9月16―25日は朝日町方面、10月14―23日は一之宮町、久々野町方面、11月4―13日は清見町方面を周遊する。

午前便が9時30分発、午後便が13時30分発。ボンネットバスを撮影する時間もある。

料金はモニター価格として大人、子どもともに1100円。定員は各回15人で予約制。

申し込みは濃飛バスツアーデスク 電話0577―33―0131など。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ