観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

可憐な花が伝える早春の趣 柏崎市で「大崎雪割草の里」が開園/新潟

新潟県柏崎市では3月2日、今年も「大崎雪割草の里」が開園した。厳しい冬を乗り越えて咲かせる可憐な花は、柏崎の早春の風物詩。マルシェなどのイベントもあわせて地域の旬を楽しみたい。

大崎雪割草の里は3・5ヘクタールの丘陵地に約30万株の雪割草が群生。地域が長年保護、育成を行い、3月上旬―4月上旬にかわいらしい花を咲かせる。開園期間中は鉢植えの販売や育成のアドバイス、ガイドもあり、例年多くのファンで賑わう。

開園期間は4月7日まで。入山料は大人400円。

3月16、17、23、24日には「大崎雪割草マルシェ」も開催。初開催の前年は大盛況で、今年も市内菓子店の和洋菓子や料理店の弁当を販売するほか、キッチンカーの出店、柏崎荒浜産のさつまいもを使った焼き芋販売など地元の食が楽しめる。

そのほか、同時期に「えちご雪割草街道2024スタンプラリー」も。大崎雪割草の里のほか雪国植物園、国営越後丘陵公園、本山村田妙法寺の4カ所へ雪割草めぐりを提案する。

大崎雪割草の里

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ