観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

広大な空間がイルミで幻想の世界に 国営讃岐まんのう公園で1月10日まで「ウィンターファンタジー」

21/12/02

香川県まんのう町の国営讃岐まんのう公園では11月27日から、冬恒例のイルミネーションイベント「ウィンターファンタジー」が開かれている。園内総面積約3万平方メートルの広大な空間を多彩なイルミネーションでライトアップ。幻想の空間を創出し、冬のロマンチックな世界へ誘う。

「ウィンターファンタジー」は2006年にスタート。例年約15万人が訪れる冬の香川県を代表する人気イベントとなっている。

16年目を迎える今年のテーマは「ひとつなぎの空」。「四国八十八景」にも選定されている落差9メートルの巨大な人工滝「昇竜の滝」のライトアップ、4900個のグラスを使った「シャンパンタワー」、高さ10メートルの「シンボルツリー」は必見だ。

国営讃岐まんのう公園

今年も「シンボルツリー」が待っている

時間は17―21時。

期間は22年1月10日まで。12月29日―1月1日は休園。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ