観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

政治、経済の中心・千代田区の名建築を探訪 区観光協会が「歴史さんぽMAP」第3弾リリース/東京

20/10/02

東京都・千代田区観光協会は9月30日、区内の散策に便利な「ちよだ歴史さんぽMAP」の第3弾の配布を始めた。今回のテーマは「近代建築めぐり」。江戸時代から今まで続く政治、経済の中心地である同区に点在する名建築を掲載し、千代田区ならではの近代歴史紀行へ誘う。

「ちよだ歴史さんぽMAP」は、江戸時代からの歴史をテーマに区内を周遊してもらおうと企画。スポットの写真や開設、コラム、食の情報などを地図に落とし込んだ。これまで「江戸城とお堀めぐり」「「ちよだ浮世絵名所めぐり」をリリースしている。

ちよだ歴史さんぽMAP

今回は、区内にある明治、大正、昭和初期の名建築41カ所を紹介。今も残るレトロな建築物を通して区の魅力に触れられる。初の試みとして通常は内覧できない日本工業倶楽部やニコライ堂鐘楼など6カ所の建物内部を360度カメラで撮影。地図上のQRコードからVR映像で楽しめるという趣向も凝らした。

配布は、千代田区観光案内所、千代田区日比谷図書文化館、東京シティアイ、神田インフォメーション、主婦会館プラザエフ、新宿区観光案内所などで。無料。

詳しくはhttps://visit-chiyoda.tokyo/app/information/detail/85へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ