観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

名品と本物の桜で春の歴史情緒を 東京国立博物館、3月15日から恒例「博物館でお花見を」/東京

22/02/18

東京国立博物館(東京都台東区)は3月15日―4月10日、今年も「博物館でお花見を」を開く。桜をモチーフにした日本美術作品の展示、庭園での本物の桜を通して春の歴史情緒を感じてもらう、トーハクの春恒例の人気企画だ。

展示作品は絵画や陶磁器、着物など幅広く。主な作品は、飛鳥山花見▽桜山吹図屏風▽観桜図屏風▽桜に春草図▽色絵桜樹図透鉢▽小袖 紫白染分縮緬地笠扇桜文字模様▽桜蒔絵硯箱▽桜花山鵲図鐔▽色絵桜樹図皿―など。

また期間中は、同館公式鑑賞ガイドアプリ「トーハクなび」を使ったスタンプラリー形式のクイズ「さくらスタンプラリー」も開催。館内のポイントで作品にちなんだクイズが出され、すべてのクイズに正解すると、オリジナルのプレゼント画像がダウンロードできる。

そのほか、桜をモチーフにした作品や桜をテーマにした俳句を募集する東博句会「花見で一句」も。本館北側の庭園は今年も開放し、ソメイヨシノなど約10種類の桜の美が楽しめる。改修が完了し、ベンチなどを増設、園内を散策しやすくなった。

入館は3月末まで事前予約制。4月1日からは予約なしで入館できるようになる。詳しくはhttps://www.tnm.jp/へ。

東京国立博物館

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ