観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

「一見さん」も花柳界に触れられる貴重な時間 新橋演舞場で5月24―27日に「東をどり」/東京

24/03/08

東京都中央区の新橋演舞場で5月24―27日、「第99回 東をどり」が開かれる。「一見さん」でも花柳界に触れられる貴重な時間。年に一度、誰でも芸者衆の艶やかな踊りと料亭の酒肴を通して日本の伝統文化が楽しめる。

今年のテーマは「新ばし白花繚乱」で二幕構成。尾上流の菊之丞家元がつくる華の舞台が披露される。

幕前・幕間には新橋料亭各軒の味が味わえる。日本酒やシャンパン「ドン ペリニヨン」なども楽しめ、料亭文化が味わえる。料金は別途必要。

全10回公演。料金は桟敷席1万円、雪席8千円、月席6千円、花席2千円。学生は学生証の提示で当日券が半額となる。

前売りは3月26日開始。チケットWeb松竹(https://www1.ticket-web-shochiku.com/t/)から。

東をどり公式ホームページはhttps://azuma-odori.net

東をどり

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ