観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

武雄で「あかりめぐり」 11月8日まで名所などをライトアップ/佐賀

20/08/24

佐賀県武雄市では8月22日、市内の観光スポットをライトアップするイベント「武雄のあかりめぐり」が始まった。名勝地や神社、庭園など歴史的名所や公的施設を灯りのアートで彩る。今年は会期を秋まで延長。11月8日まで、夏秋の夜の美を楽しんでもらう。

イベントは武雄温泉楼門の100周年を記念して始まり、今年で6年目。国指定名勝である御船山楽園や武雄神社・武雄の大楠、武雄温泉楼門・新館、武雄市図書館・武雄市こども図書館、 佐賀県立宇宙科学館、武雄市役所が会場となる。武雄領主だった鍋島茂義ゆかりの庭園である御船山楽園は、デジタルアート集団「チームラボ」による22作品のデジタルアートが登場。市内最古の神社・武雄神社では樹齢3千年の巨木「武雄の大楠」をライトアップするなど、様々な灯りをめぐる旅が旅人を待つ。

武雄の大楠

「武雄の大楠」のライトアップ

また、期間中は市内の対象施設の宿泊客様がタクシーで市内観光施設すると1千円の利用ごとに300円の割引券を発行するなど、様々な企画でイベント中の市内観光を盛り上げる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ