観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

温泉街が竹灯りで幻想空間に 黒川温泉で10周年の「湯あかりライトアップ」/熊本

21/12/28

黒川温泉観光旅館協同組合(熊本県)はこの冬も恒例の「湯あかりライトアップ」を実施している。10周年を迎えた今回も、例年同様のスタイルで灯篭による灯りで温泉街を暖かく彩る。

2012年に始まったライトアップ。竹林の間伐、球体状の「鞠灯篭」約300個と、筒状で高さ約2メートルの「筒灯篭」を自然と融合させるかたちで配し、夜の温泉街散策を楽しんでもらう。

黒川温泉湯あかり

素朴な灯りが温泉街を包む

場所は丸鈴橋―川端通り▽やまびこ旅館付近▽地蔵堂▽旅館組合前▽黒川温泉バス停▽黒川温泉明神様。日暮れから22時まで点灯する。

期間は2022年4月3日まで。

再生への活動の一環として始まったが、満願寺や小田温泉、田の原温泉など地元・南小国町内にも取り組みが拡大。冬の楽しみとして定着している。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ