観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

謎の「ようま観光バス」で夜の佐渡ミステリーツアーへ/新潟

新潟県・佐渡観光協会は12月8、9日、行き先の分からない夜の島内へ繰り出すミステリーバスツアー「夜の遺産へ、お連れします。『ようま観光バスツアー』」を実施する。

佐渡島は特定有人国境離島に指定されており、今回のツアーはその島の作業活性化への特別措置法の観光施策として企画。年代を問わず島内観光を楽しんでもらうことを企図しており、今後も同様のツアーを定期的に行う予定にしている。

ツアー名にある「ようま観光」は架空のバスツアー会社。「ようま」とは、佐渡の方言で「夜」という意味を持つ。

ツアーでは、時刻表にない「ようま観光」バスに乗り、行き先不明のまま夜の島内へ出発。古くから貴族、武家、町人など多様な身分の人による文化が融合した佐渡の歴史文化、離島ならではの大自然の夜の姿を楽しんでもらう。民話や伝承にゆかりのある土地を巡り、これを地元の語り部と交流。食や酒、デジタル映像も用いて彩り、夜の佐渡ならではのバスツアーを演出する。

時間は19時15分―21時30分。

料金は1人2千円、定員は各日35人。20歳以上限定。ローソンチケットで参加を受け付けている。

ようま観光バスツアー

「ようま観光バスツアー」ポスター

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ