観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

「Let’s Enjoy From日田」内容を一部変更 令和2年7月豪雨被害で天ヶ瀬温泉は見合わせ

20/07/14

大分県日田市は令和2年7月豪雨で市内が被害を受けたことから、7月22日―8月29日に予定していた観光キャンペーン「Let’s Enjoy From日田」の内容を一部変更する。被害の大きかった天ヶ瀬温泉での開催を見合わせ、日程を再検討するなどして対応する。

キャンペーンは、コロナ禍からの観光復興期の夏を迎え、打ち上げ花火と様々なキャンペーンで地域に元気を取り戻そうというもの。日田市観光協会と日田市、日田温泉旅館組合、天ヶ瀬温泉旅館組合が連携して様々な企画を展開する予定だった。

新型コロナウイルスの早期収束と地域経済の復興を祈念しての打ち上げ花火は、日田温泉旅館街での実施は予定通り。7月22―25、31日、8月1、7―9、14―15、21―22、28―29日の20時ごろから5分程度打ち上げる。天ヶ瀬温泉旅館街での実施は当面見合わせる。

日田温泉の遊船プラン利用の小学6年生以下に提供する「子どもクーポン」は日田温泉でのみに。遊船のスタンダード食事付き乗合プランが無料になるほか、先着250人に玩具花火をプレゼントする。天ヶ瀬温泉での実施は当面見合わせ、受付も当面中止に。

また、新企画として、日田温泉の宿泊に利用できる「子ども3000円クーポン」を新しく企画した。

そのほか、11月末までの祝前日と金土曜に予定していた名瀑「桜滝」のライトアップも見合わせる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ