観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ

鉄道ネタ

カテゴリ
サロンカーあさかぜ

久々の夜行と懐かしの再会にホロ酔い サロンカーあさかぜ(2) 下関から山口ローカル線の旅

17/12/18    

現役「クモハ」と「SLやまぐち号」に興奮 下関到着から3日午前中までのフリータイムを利用して、どうしても乗り鉄したかった小野田線と宇部線へ。小野田線は運転間隔が約3時間空く時もあるローカル線で、一両編成の単行電車「クモハ123」が現役...

久々の夜行と懐かしの再会にホロ酔い サロンカーあさかぜ(1) 寝台だからこその至福の時

17/12/18    

かつての寝台特急“復活” 大阪―下関を往復 JR西日本の人気欧風客車「サロンカーなにわ」が大阪―下関を往復しました。9―12月開催の幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンに合わせて、団体列車「サロンカーあさかぜ」として運行した...

「瑞風」第4期倍率は12倍に 第5期販売も12月11日にスタート

17/12/06    

JR西日本は12月4日、豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の第4期(2018年3―6月出発分)の受付状況を発表した。応募件数は2882件、平均倍率は12倍。第3期より応募件数は落ち着いたものの、まだまだ高倍率の“高嶺の花...

大阪環状線引退車両

ありがとう「オレンジ色の電車」・大阪環状線(3)

17/11/16    

京都鉄博に雄姿再び 11月3日、再び京都鉄道博物館へ行ってきました。お目当ては大阪環状線103系ラストランを飾った両先頭車「クハ103 843」と「クハ103 802」の特別展示です。 どちらの車両もピカピカの状態で展示され、車...

大阪環状線

ありがとう「オレンジ色の電車」・大阪環状線(2)

17/11/02    

京都鉄博に展示も 秋は「京都鉄道ミステリー」 103系は、およそ20年間にわたって約3400両が製造された国鉄通勤形車両の標準形。長期に渡って製造されたため編成を組むと新旧の車両が混在し、運転台の高い低いや窓枠が丸いタイプとユニットサ...

大阪環状線

ありがとう「オレンジ色の電車」・大阪環状線(1)

17/11/02    

「103系」引退 ラストランに感慨深く 大阪環状線で約48年間「オレンジ色の電車」として親しまれてきた「103系」がついに引退しました。国鉄時代に登場して、高度成長期を支え、通勤通学で利用した、あの愛着のある電車が去っていきました。 ...

旧軽井沢駅が”復活” しなの鉄道、開業20周年記念で駅舎リニューアルオープン

17/10/31    

しなの鉄道(長野県)は10月27日、同1日に迎えた開業20周年を記念して、軽井沢駅をリニューアルオープンさせた。「懐かしくて新しい」をテーマに、旧軽井沢駅舎記念館を内装や外装をそのままに新しい駅として生まれ変わった。 デザインは、同社...

キハ40

東日本外周乗り鉄と“押太郎”-この夏も鉄道三昧

17/09/01    

JR東日本・京都鉄道博物館 この夏も“鉄道三昧”してきました! 7月下旬に東日本外周乗り鉄、8月上旬に京都鉄道博物館でJR貨物車両の搬入と一般公開、8月中旬には東京国際ビックサイトで開かれた日本最大級の鉄道模型の祭典「国際鉄道模型コン...

瑞風

「瑞風」第3期倍率は前回上回る31倍に 9月から第4期予約も

17/08/31    

JR西日本は8月30日、豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の第3期(12月―2018年2月出発分)の受付状況を発表した。応募件数は3499件、平均倍率は31・2倍。第1期の約2千件、第2期の約2500件を大きく上回り、人...

地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ