観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

予土線乗って巡って JR四国、11月29日までスタンプラリー

JR四国は7月4日、「ひと結び予土線スタンプラリー2020」をスタートさせた。鉄道を使って沿線を隅々までめぐってもらう。11月29日まで。

スタンプラリーは、同社と日本郵便四国支社、四国電力の連携事業の一環。同社の「しまんトロッコ」の運転開始に合わせたもので、予土線沿線、四国の観光再興への一手として実施する。

まずはスタンプ台帳を沿線27カ所の設置場所で入手。宇和島駅、窪川駅、しまんトロッコ、海洋堂ホビートレイン かっぱうようよ号、鉄道ホビートレイン、予土線沿線対象の郵便局14局、予土線沿線の道の駅8カ所に設置している。

スタンプの設置は18カ所。しまんトロッコ、海洋堂ホビートレイン かっぱうようよ号、鉄道ホビートレインの車内と沿線の郵便局14局、家地川駅近くの佐賀取水堰で押印できる。

予土線3兄弟すべてでスタンプを3つ集め、宇和島駅か窪川駅の駅員に達成証明印である改札印を押印してもらう、沿線の郵便局2局のスタンプを集め、郵便局で達成証明印を押してもらうとプレゼントを贈呈するなどのポイントを設定。

全スタンプ収集を達成すると抽選で15人に沿線特産品が当たるほか、四国満喫きっぷを利用して全スタンプを達成すると先着100人に「四国おもひでフレーム切手」をプレゼントするなどの賞品を用意している。

応募締め切りは12月4日。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ