観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

観光列車で四国を巡ろう JR四国、「四国家ラリー」をスタート

JR四国は10月、徳島線に「藍よしのがわトロッコ」がデビューすることを機に、10月2日から「今だから行きたい四国旅!観光列車で巡るおでかけ。四国家ラリー」をスタートさせた。「ものがたり列車」3種とトロッコ列車2種への乗車でスタンプを集めると賞品が当たる。新トロッコの登場で観光列車による四国周遊が可能になった今、新しい四国鉄道紀行を楽しんでもらいたい考えだ。来年2月末まで。

スタンプラリーの対象は、伊予灘ものがたり(大洲編・双海編・八幡浜編・道後編)▽四国まんなか千年ものがたり(そらの郷紀行・しあわせの郷紀行)▽志国土佐 時代の夜明けのものがたり(立志の抄・開花の抄)▽しまんトロッコ(1号・2号)▽藍よしのがわトロッコ(さとめぐみの風・かちどきの風)。

四国まんなか千年ものがたり

四国まんなか千年ものがたり

各列車内に設置した専用用紙を取得して参加。各列車内でアテンダントか車掌にラリー参加の旨を伝えるとロゴマーク入りのチケッターを用紙に押印する。ものがたり列車1種以上とトロッコ列車1種以上乗車でオリジナル缶バッジ、クリアファイルを全員に、5便以上乗車で沿線各地の特産品を抽選で40人に、全列車全便乗車で達成証明書とグッズを全員にプレゼントする。

応募はものがたり列車車内か駅窓口で渡すか郵送で。締め切りは来年3月5日。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ