観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

「雪の大谷」の高さは15メートル 立山黒部アルペンルートが全線開通

富山県立山町と長野県大町市を結ぶ山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」が4月15日、全線開通し今年の観光シーズンが幕を開けた。新型コロナウイルス感染拡大で恒例の「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」の開催が中止となるなど静かなスタートとなったが、この時期の風物詩「雪の大谷」は14日時点で高さ15メートルを記録し、健在を誇示している。

雪の大谷は、標高2450メートルの立山室堂平に出現する巨大な雪壁。道路を除雪してできるもので、最大で約20㍍の雪壁が約500㍍にわたって両側にそびえる通路が出現、世界有数の豪雪地帯ならではの豪壮な光景を楽しめる。

雪の大谷の高さは、立山黒部アルペンルートでケーブルカーやロープウェイを運行する立山黒部貫光が発表。昨年の16メートルより若干低いが、それでも圧倒的な迫力に変わりはない。

雪の大谷

4月15日時点の雪の大谷

立山黒部アルペンルートの風景は、コロナによる自粛を余儀なくされている人でも、同ルート公式サイトを見れば家で楽しむことができる。絶景の画像を集めた「PHOTO&MOVIE GALLEY」やVR映像で自然美を伝える「PANORAMA VR TOUR」などで旅気分を楽しみたい。

公式サイトはhttps://www.alpen-route.com/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ