観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

将来の宿泊へ支援募る 駒ケ根高原リゾートリンクスがクラウドファンディング、宿泊券をリターン

長野県駒ヶ根市のホテル「駒ケ根高原リゾートリンクス」は、新型コロナウイルスの影響による休業からの再開に向けて、クラウドファンディング(CF)による支援を募っている。支援者には将来の宿泊に使える宿泊券をリターン。厳しい状況を乗り越え、宿泊客との“再開”を目指す。

クラウドファンディングはCFプラットホーム「CAMPFIRE」で5月16日から開始。6月28日まで支援金を募集している。目標金額は350万円。

支援金に応じリターンを設定。10月1日―2021年3月31日の期間に使える宿泊券「未来へつなぐ絆チケット」を贈る。

支援金が1万円の場合は1泊2食宿泊券、1万1千円の場合は1泊2食宿泊券とネイチャーイベント参加券、ムササビどら焼き1箱などとなっている。

なお、All-In方式によるCFのため目標が達成されなかった場合もリターンは贈呈される。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ