観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

後立山の夜空眺める特別な時間を 立山黒部アルペンルート、全線開業50周年で夜間運行企画

富山県と長野県を結ぶ山岳観光ルートである立山黒部アルペンルートは8月から、今年迎えた全線開業50周年を記念したイベント「夜空きっぷ」を始めた。立山ロープウェイなどの夜間運行で登山しないと見られない後立山エリアの夜空が楽しめる。

「夜空きっぷ」では、通常は夜間は立ち入ることができない大観峰駅や黒部平駅の屋上展望台で、現地スタッフおすすめの夜空を観賞できる特別企画。今後は8月27、29日、9月10、12、24、26日、10月8、11日に運行する。

室堂駅きっぷ売場で当日の13時―16時30分に受け付ける。室堂の宿泊者限定で、定員は1日40人。運賃は大人3500円、子ども1750円。

立山黒部アルペンルート夜空きっぷ

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ