観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

美観のみくりが池を楽しんでカードをゲット 立山黒部アルペンルートでイベント/富山・長野

立山黒部アルペンルート(富山県―長野県)では6月1日から、イベント「見に行こう!みくりが池!」を展開している。ルートを代表する美観スポット「みくりが池」を見に行くとプレゼントがもらえる。

みくりが池へは、ルートで最も標高の高い駅・室堂から室堂平を徒歩でアクセス。5月下旬からは雪解けが始まり、7月には湖面がすべて現れ、新緑、紅葉、白銀と四季の美観に包まれる。

みくりが池

8月のみくりが池

イベントでは、みくりが池まで歩き、日本一高所の温泉・みくりが池温泉に行くと「みくりが池カード」をプレゼント。初夏・夏・秋で異なるデザインのカードが集められる。初夏版は7月26日まで、夏版は7月27日―8月31日、秋版は9月1日―10月14日。

「初夏の立山室堂平をお手軽に体験できる!スタンプラリー」も開催中。室堂ターミナル内4カ所に設置されたスタンプを集めると、ひとつの絵が完成。「絵はがき」としても利用できる。6月25日まで。参加費は絵はがき1枚200円。切手代含む。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ