観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

触って眺めて子どもたちも大興奮 比叡山ドライブウェイに今夏も「かぶと虫の家」/滋賀

24/06/18

比叡山ドライブウェイ(滋賀県大津市)の自然体験ゾーン「夢見が丘」に7月20日から、夏恒例の「かぶと虫の家」がオープンする。カブトムシを触って眺めて楽しめる子どもたちに人気の企画が今夏も帰ってくる。7月13―15日に先行営業し、本営業は8月15日まで。

「かぶと虫の家」は、450平方メートルの雑木林のネットで覆ったスペースに、国産カブトムシを約200匹放し飼い。自由に触れるほか、標本展示や外国産のヘラクレスオオカブトなども展示する。

かぶと虫の家

カブトムシがいっぱい

入園料金は3才以上800円で、グッズも付く。

「夢見が丘」はこのほかにもサイクルモノレールやスーパースライダー、カフェ、バーベキューコーナーなどもあり、家族連れで楽しめる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ