観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

香箱ガニのパスタやポテトを提供 加賀市で6月13日に「ご当地グルメの食フェス」/石川

石川県加賀市の食事処などでつくる加賀ご当地グルメ推進協議会は6月13日、加賀市文化会館駐車場で「ご当地グルメの食フェス」を開く。緊急事態宣言が解除され、加賀の食材をふんだんに使った地元の味わいが、ようやく帰ってくる。

同市では、雌のズワイガニ「香箱ガニ」を使った「加賀カニごはん」や、オリジナルの「加賀パフェ」といったご当地グルメを開発、人気を集めていた。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言で食事処も営業を自粛、これらのメニューも一部提供を見合わせていた。

今回は自粛解除を受け、香箱ガニの魅力を多くの人に知ってもらおうと、香箱ガニを使ったオリジナルメニューを提供。「香箱ガニとトマトソースの釜茹で生パスタ」を限定1千食、「香箱が薫るパリパリカニポテト」を限定300食、それぞれできたてが味わえる。

香箱ガニとトマトソースの釜茹で生パスタ

香箱ガニとトマトソースの釜茹で生パスタ

いずれも同協議会メンバー有志が原価ぎりぎりの料金設定で用意する。パスタは1人前1千円、ポテトは1袋500円。ドライブスルー方式で提供する。

前売券は限定300食分を事前に参加各店(くいもん家ふるさと・カーサフォルトゥーナ・割烹加賀・加賀料理ばん亭)で販売する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ