観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

富士山から琵琶湖、瀬戸内海へ 大井川鐡道、3月21日に「三社連携フライトツアー」“進化形”を実施/静岡

大井川鐡道(静岡県島田市)は3月21日、FDAフジドリームエアララインズと富士山静岡空港と連携して実施している「三社連携フライトツアー」の新企画を催行する。定期的に催行している人気企画の“進化形”第2弾で、今回は琵琶湖や瀬戸内エリアまで足を延ばす。富士山と西日本の絶景で、コロナ禍に沈む日本に元気を与える。

コース名は「富士山、琵琶湖、しまなみ海道、瀬戸内海遊覧とKADODE OOIGAWA」。静岡駅から富士山静岡空港へ向かいFDA機で富士山、琵琶湖、瀬戸内エリア上空へ約3時間の空旅を楽しむ。機内での昼食は日本平ホテルの特製弁当とスイーツを味わう。

緑茶、農業、観光の体験型フードパーク「KADODE OOIGAWA」と大井川鐵道・門出駅へも立ち寄る。

定員は新型コロナウイルス感染拡大防止のため通常の80%に絞り70人に。最少催行人員は50人。料金は12歳以上6万4800円、3―11歳6万2800円。1人での参加設定も設けた。

詳細・申し込みはhttp://oigawa-railway.co.jp/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ