観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

金鯱が地上に降り立つ 名古屋城で3月20日から「金鯱展」、二之丸広場がアート空間に/愛知

名古屋の守護神が地上へ―。愛知県名古屋市は3月20日から、名古屋城二之丸広場で特別企画「名古屋城 金鯱展―守り神降臨、海と山の祈り」を開く。名古屋城天守の金鯱が16年ぶりに地上に降り立ち、独創的な絵図作品とともに巨大なアートギャラリーを創出する。4月2日まで。

金鯱を雌の金鯱を「海シャチ」、雄の金鯱を「山シャチ」として、それぞれ水盤と砂山の上に展示し独特の世界観を表現。その前には鯱のルーツや災厄と向き合ってきた鯱の仲間たちをイラストレーター 2yangさんが独創的な絵図に仕立てる。

名古屋城

名古屋城天守で輝く金鯱

会場内ではスタンダードコース、ショートコース、有料のフォトコースを設定。「金鯱土鈴」や「金の御城印」「金シャチクリップス」などのグッズも販売する。東日本大震災から10年の節目を迎える岩手県陸前高田市の観光PR、物販・飲食ブースも設けられる。

また、5月5日までは「名古屋城春まつり」も同時開催。桜の開花にあわせた夜間開園、西南隅櫓や茶席の特別公開、ステージイベント、飲食ブースなどが催される。期間中は夜桜のライトアップも。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ